DebianLinuxでPPPoEセッションを使いこなす

最近はWindowsでもPPPoEセッションを直接張る事も簡単になりましたが、Linuxももちろん利用可能です。歴史も古く、非常に安定しています。私は業務用ルータによくLinuxOSを用いて使っています。最近はSSDも手が出しやすく、特に故障する事もないので、高性能ルータとして利用しています。

その中でインターネットルータとして利用したい場合に、PPPoEセッションをはるお話です。

簡単に接続可能です。

Linuxでルータ設定 iptablesなど

pppoeconf コマンドでウィザード形式で、簡単にPPPoEセッションファイルを作成する事ができます。

ユーザ情報の場所
/etc/ppp/peers/dsl-provider

パスワードの場所
/etc/ppp/pap-secrets

に格納されます。

起動時には、
/etc/netword/ingerfaces

によって、自動的にPPPoEセッションが始まります。

ユーザ情報設定ファイルの名称を変更します。
/etc/ppp/peers#mv dsl-provider ocn-provider

名称を変更したPPPoEセッションを張る
pon ocn-provider

名称を変更したPPPoEセッションを切る
poff ocn-provider

この要領で設定ファイルを変更していく事が可能なので、pppoeconfウィザードでdsl-providerファイルを作成し、それを名称変更していく事で複数のPPPoEセッションファイルを作成していく事が可能です。

起動時指定したプロバイダのPPPoEセッションを張りたい場合は、
/etc/netword/ingerfaces

とします。