Visualstudio 2016 SQL Server Compatを利用したい

SQL Server Compatを利用したいのですが、VisualStudio2013からサポートされていないようで、昔のようにSDFファイルの中身を確認する事ができなくなっています。
現在利用しているのは、Visual Studio 2016 です。まったく機能的に提供されていませんでした。残念。

VisualStudio 2010か、2008をインストールしなきゃいけないのかなと途方に暮れていましたら、おお、なんとプログラム単体で、SDFファイルにアクセスできるtoolがありました。

http://sqlcetoolbox.codeplex.com/releases

SQL Server Compact & SQLite Toolbox

SqlServerCompact35.jpg

Visual Studioアドインおよびスタンドアロンアプリケーションとして利用可能です。

探していくと、最新のサイトはこちらに移されているようですね。

https://github.com/ErikEJ/SqlCeToolbox

いやいや。本当に助かりました。

sqlcecompact35.dll

は利用できていたので、VisualStudio2008時代から開発環境が変わってもビルドするのは問題ありませんでした。

これが、中身の仕様変更が必要になって、SDFファイルのテーブルの変更を考えながらデバッグしたいと思った時に、いちいちソースコードでSQL書いて確認なんてとてもしんどいです。SQL Server Compact & SQLite Toolboxを利用すると、Visual Studioに組み込む事もできるし、スタンドアローンアプリケーションとしても提供されているので、これからも手軽にSDFファイルのテーブルの中身を調べられます。ちょっとハッピーな気持ちです。

SqlServerCompact3502.jpg

ただ、いつまでSDFファイル(SQL Server Compact)を使い続けるんじゃいという話はあるかも、、、。

久々に、SQL Server Compact & SQLite Toolboxを利用しようかと、こちらのサイトのDownload archiveからダウンロードしようと思ったら、
https://archive.codeplex.com/?p=sqlcetoolbox
Chromeから警告されました。
いや、なんか怖ってなって、ダウンロードやめました。
なんでなんだろう。

git hubから、

https://github.com/ErikEJ/SqlCeToolbox

Visual Studioに組み込んで動作が不安定になるのも嫌なのでStandalone版を利用します。

こちらを選んでダウンロードしてください。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です