Windows10およびWindows2016のWinUpdateが勝手に行われ ないようにする方法

業務利用しているパソコンでは、まれにWindowsUpdateによって動作がおかしくなる事があり大変困った現象が起こる事があります。

さらに厄介なのが、Windows10以上では、このWindowsUpdateは強制的に行われてしまうため自分の好きなタイミングでWindowsUpdateを行う事が出来ません。業務コアパソコンではできれば1台試して問題ない事を確認してから次にアップデートを行うというサイクルにしたいものです。

Windows10 Proエディション以上であればグループポリシー設定を変更する事でWindowsUpdateが自動で行われてしまう事を制御できます。

[コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [Windows Update]
[自動更新を構成する]

WinUpdate.jpg

で、

無効を選択します。

WinUpdate2.jpg

これで勝手にUpdateされて問題が起こるという被害からは救われそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です