Untangle でDHCPサーバ

UntangleではDHCPサーバ利用できます。デフォルトで利用可能です。LAN側に設定したIPアドレス体系で、自動的に有効になります。

最近のルータでは当たり前ですけど。

ただ、ちょっと手の込んだことをしようと思うとだけど残念な事にこの部分は非常にLinux的な設定が必要です。dhcpサーバにはdnsmasqを利用しているようで、設定ファイルは手書きで書かなくてはいけません。

例えば、IPアドレス貸出範囲rangeを設定したいとか。市販の安物ルータだったらweb管理画面で始まりのIPアドレスと、終了のIPアドレスを書いて終わりですが、dnsmasqのconfigにのっとった書き方をしなくてはなりません。

設定⇒ネットワーク⇒DHCPサーバ

にコンフィグを記載します。

dhcpのIPアドレス貸出範囲を192.168.15.10 – 192.168.15.200とする

netmaskは255.255.255.0とする

gatewayは192.168.15.254とする

dns-serverは192.168.15.254と、8.8.8.8を設定する

こんな感じです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です