HLS映像配信中にちょっと途切れるを防止する

nginx rtmp-module でHLS配信を実現すると、途中で映像が少し途切れる事があります。ひどい時には5sに一度というようなタイミングで起こります。これを防止するためにはサーバー側でバッファを持たせます。

うちの環境ではこれが最適のようです。もっと大きくバッファをとってもいいわけですが、あんまりバッファをとってしまうとリアルタイム性が薄れていきます。

buflen 1s;

サーバ側でのバッファタイムを意味します。マニュアルでデフォルト1000msとなっているのですが、明示的に1s設定すると、映像が途切れる現象が無くなりました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です