スマホで映画のようななめらかな映像を撮影したい

Zhiyun Smooth 4 スタビライザー スマホ用

 

q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07CSQRGDP&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=technicallive-22

Smooth 4は2018新登録の製品として、第7代セルラー式アルゴリズムシステムを採用し、モバイルムービー用に特別に設計されたスタビライザーです。

スタビライザー

スタビライザーとはメカニカルな動きで手振れを補正してくれる装置になります。

2万円を切ってスタビライザー付きハンドヘルドジンバルがあります。展示会で見てきましたが動きもとても滑らかです。口コミも良い評判が多く、動画撮影をよくされる方は購入してもいいのではないかと。

スタビライザーを利用せずにスマホを持って歩くと上下に振動してとても見れたものではない映像になります。スタビライザーはこの振動を吸収し、映画のように滑らかな映像を撮影する事が可能になります。

性能詳細

q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07CSQRGDP&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=technicallive-22

スマートフォンで安定した滑らかな映像を作成できます。あらゆるサイズのスマホと互換性があります。

スマホ用でデジカメは搭載できません。

アプリケーションはZY Play APP(無償ダウンロード、AndroidもiOSユーザーも対応)

コントロールパネルでフォーカス、ズーム、タイムラプス、静止画設定などのジンバルとスマホの両方の機能を制御

ズームイン/アウト機能を内蔵したハンドホイールは、クローズアップ撮影

zhiyun-tech社からの最新型スタビライザーsmooth 4は、画面に触れる必要性がなくなり、すべてのスマホのパラメータを制御

USB type-C充電ポートまたは出力ポートを利用して撮影中の携帯電話を充電できる

フォローフォーカスハンドホイールを回転させることで、映像をスムーズにズームイン/ズームアウトし、より多様なイメージを作成

背面のボタンを押すだけで、Smooth 4がフルスピードの「PhoneGo」モードに入る。 このモードでは、Smooth 4はすべての動きを同期して追跡できる

四つのモード任意変換可能:
パンフォローモード
ロックモード
PhoneGoモード
フルフォローモード

長いランタイムによる双方向充電 Smooth 4は12時間に渡って連続実行可能。

口コミ

q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07CSQRGDP&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=technicallive-22

スマホで撮影している時どうしても手ブレが気になっていたので購入しました。
手ブレなく撮れるっていいですね。

これは買ってよかったと思いました。動画初心者ですが手ブレもなく綺麗に撮影できました。

スマホでの撮影がプロ並みになりました。
手で撮影するときの細かいブレがなくなったのが嬉しいです。
友人と仕事の延長の趣味で動画を作っているので思い切って買いました。
評判通りで価格からしてのパフォーマンスはいいと思います。

スマホで個人的に映画みたいなクオリティの動画を作っています。ですが、どうしても手ぶれで全体的な仕上がりがしっくりきませんでした。なのでこの際多少お金かけてもハイクオリティな動画を撮りたいと思い、ネットで調べたらこちらのメーカーさんの名前が出てきたので速攻購入しました。届いてすぐに家を出てどれくらいの効力か検証しました。まず、スタビライザーを装着せずに歩いて撮影し、その後そのまま装着して撮影しました。こういう機器に慣れていないので多少ごちゃごちゃしましたが初心者でもキレイに撮れたのかなと思います。慣れたら本当にプロみたいに撮れると思います。

詳細な設定の解説は無い

まずは、重い(^_^;)家でのテストでは短い時間での使用だったので感じなかったですが、観光地では、休憩するまで持っていたため若干手首が痛くなるかも。携帯をセットして撮影するとズシッとくる感じ。寝かせて使うとさらに重心が前にきてさらに手首に負担がかかります。

Androidデバイスの相性の悪さ。iPhoneで使うと快適にズームもフォーカスも滑らかに動くのですが、Android(試したのはHTC U11)で使うとカクカク動いて思ったような動画が撮れませんでした。また撮影できる解像度やフレーム数も選択肢がすくなく、正直Androidユーザにはオススメできない商品です。

q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07CSQRGDP&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=technicallive-22

Smooth-Qとの比較

ワンステップだけでジンバルのバランスを取るための拡張可能の軸があり、自由に水平と垂直撮影の間で切り替えます;充電式電池が2つ付属し、12時間までの連続作業が可能です。撮影中でも充電ができです。
ZY Playの専用アプリを利用することで、露出補正、ISO、シャッタースピードホワイトバランス、フォーカス調整が可能です。例えば、遅延撮影、追尾フォーカス、多種フィルター
Smooth Qは第5世代高精度アルゴリズムシステムで設計されています。重さ最大260g、幅最大8.8cmまでのスマートフォンをサポートし、iphoneシリーズと市場でほとんどのスマホは全部対応します。

smooth Qから4に買い替えの感想です。
配達されて開封した際の第一印象は「デカっ!」です。
smooth Qから比べると少しサイズアップを感じますし、スマホを装着した際はかなり重量感があり、腕が疲れます。
smooth Qは片手で簡単使用でしたが、4は両手で使う事が前提となっている為なのか、片手での操作は困難かと思われます。

先代より高機能になって、使いやすくなっています。
Zhiyunのアプリをインストールし、接続を完了すると、ほとんどの機能がこのジンバルで行えます。
もちろんスタビライザーなので、動画撮影でもブレを軽減しています。
先代モデルが私にとっては使いにくかったのですが、これはすんなりとなじめました。
初めてジンバルを使おうとしている方にも、きっと満足できるでしょう。

また、 Qはジョグコンでの操作が可能でしたが、4はジョグコンがなくなり本体を傾ける事で操作をする感じになりました。
まだ使い込んでいないので、なんとも言えないのが現状ですが、手軽感は Qの方があります。

追記1
iPhone Xとの組み合わせで、使用しております。
大きくなったメリットも見えてきたので追記します。
Qの時は、バランスアジャスターを調整すると、収納ができない等の問題が発生しますが、4はiPhone Xでのバランスアジャスター調整をした後も収納が可能になってました。お陰で毎回アジャスター調整をしなくても良くなりかなり楽です。

使用感的にはジョイコンが無い分慣れが必要となりますが、小一時間練習すれば、かなり慣れてきます。

個人的に改善希望なのはアプリの設定が保存されない事でしょうか。
ズーム用のトグルはアプリ設定に影響されるので毎度の設定が少し面倒くさいです。

追記2
公式サイトにfirmwearがアップされています。
ただし、サイトの言語が日本語表示だとダウンロードが出来ない(不具合?)ので、公式サイトの言語を「English」に設定しSmooth4のページからアクセスすればツールもfirmwearもダウンロードできます。キャリブレーション等も出来るようになりますが、自己責任にてよろしくお願いします。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です