Debian 軽量Linux

Debianで軽量Linux風に設定してみます。
メリットは、自分の好きなパッケージだけを選んぶ事でより軽くする事ができます。

こちらからインストーライメージをダウンローできます。最小のCDを利用してネットワークインストールします。

https://www.debian.org/CD/netinst/

 

インストールガイドはこちら

できるだけ軽くするため、パッケージは何も選択しません。


※チェックを全て外しインストールを進めます

contrib non-freeを追記します。

 

apt-get install xorg lxde task-japanese ttf-japanese-mincho ttf-japanese-gothic task-japanese-desktop fcitx-mozc

vim: 強化版 vi エディタ
task-japanese; 日本語環境
task-japanese-desktop: 日本語デスクトップ
fonts-takao: 日本語ゴシック・明朝スケーラブルフォント。表示と印刷利用。
fcitx-mozc :Google日本語入力

基本的な流れはこれで完了です。たったこれだけ。再起動すると、ユーザ名パスワードを聞かれる画面が出てくるので、ここに登録してあるユーザ名・パスワードでログインすると、LXDEのでストップマネージャが起動し、日本語入力もできる状態になります。一昔前は、X Windowを設定するのに非常に苦労してたんですが、今はとても手軽です。

注意
最近は、rootユーザでログイン可能になっているが、rootで入ると制限がかかるアプリがある
特に、日本語入力は利用できないので注意

デスクトップ環境を作って日本語入力メソッドも入れている、日本語が有効になっているはずなのに日本語が入力できないといった症状は、rootで入っていると起こる。

1件のコメント

コメントは停止中です。